世界の舞台に挑戦したい!!​

日本グアム親善大会出場にあたり、
必要な費用のご支援のお願い

 2018年10月20日、日本グアム親善大会が開催されます。
 この大会の参加費用は旅費を含めるとおよそ20万円必要です。肉体美を競うボディビル競技では、食費や、ジム代、サプリメント代、ボディメンテナンス代は、年間を通してかなり費用がかかるのですが、それに加えて大会2ヶ月前から、日焼け代や、減量用サプリメント代がかかります。

 私は今年の春、第一子となる息子が誕生しました。子育てには今まで以上にお金がかかるため、競技生活の継続をあきらめていました。そんな折、選手支援の話をいただきました。

「家族に迷惑、負担をかけずに、ボディビル競技を続けられるかもしれない。」「自分の夢を追い求め続けられるかもしれない。」

そう考えた私は決意を固めました。

 私の夢は日本選手権で入賞することです。そのための第一歩として、先に開催される日本グアム親善大会に出場し、国際大会の舞台で経験を積みたいのです。

 私の夢、目標をご理解いただき、ご協力いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

本プロジェクトの目標:2018年10月20日開催 日本・グアム親善大会の優勝
応援者目標:50名   (募集期間:7月1日~7月19日)
支援金目標金額:15万円 (募集期間:7月20
日~8月31日)

応援者達成後に支援金の募集が開始されます。

「しかたない」とあきらめた時に

きっかけは吉田さんの推薦

 「しかたない」とあきらめた時に、吉田真人さんから、選手支援の話をいただきました。


 正直、こんな奇跡が本当にあるのかと思いました。吉田さんには、子供が生まれた話はしていなかったのです。『今回のボディビル競技で新しく始めるソーシャルファンドで佑大君を推薦したい。』そう言われた時は、嬉しさと驚きのあまり、頭が真っ白になりました。

(以下、吉田さんからの推薦メッセージ)

『トレーニングをする事によって奥さんへ負担掛ける事はしないと心に決めてトレーニングし、大会に挑戦するとは本当に素晴らしいと思います。佐々木佑大選手の家族を思いやる優しい気持ちと夢を諦めずに挑戦し続ける姿勢に感動しました。頑張ってもらいたいと思います。』

TOPビルダーを目指して

本気で世界No. 1を目指します!

 大人になっても自分の夢を追い求め続けられる人はごく少数だと思います。

 家庭をもち、子供が生まれ、夢半ばであきらめることになってしまった方も多いと思います。今回の選手支援を通じて、そんな方々の夢や希望になりたい。子育てしながらでも、夢を追い求めることができるということを、証明します!!  
 今回このソーシャルファンディングをご紹介いただき、私はその場で『お願いします。』と回答しました。このことが契機となり、妻に自分の胸のうちを打ち明け、今後の競技生活について話し合いました。最初は渋っていた妻ですが、一晩熟考してくれた末、全力で応援するから、と、背中を押してくれました。
 ボディビル競技において結果を残したい。これは私と、妻、二人の想いです。まずは日本グアム親善大会に出場し、国際大会を自分の肌で感じたい。そのための費用を支援していただきたいです。 よろしくお願いいたします。

開催要項

 日時:2018 年 10 月 20 日(土)
 時間:プレジャッジ 9 : 00~ /ファイナル 18 : 00~
 会場:シェラトン ラグーナグアム リゾート
 主催 :グアム・ナショナルフィジーク連盟
 協力:公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟
 協賛:ミカロブ・ウルトラ
 賛同:グアム政府観光局
 企画:株式会社 BELLz
 参加国:日本、グアム、マリアナ諸国
 ツアー企画・実施:JTB コーポレートセールス
 ホームページはこちら

ボディビル業界の発展と可能性広げる大会

日本とグアムのボディビル業界の新しい発展と可能性を広げられるようにと開催された日本グアム親善ボディビル大会。

ここで表彰台にあがればとにかくスゴイ

日本グアム親善大会は通常の国際大会とは異なり、入賞実績や大会出場経験が無いビギナーでもチャレンジ出来る大会です。日頃はボディビルディンク、フィットネス、フィジーク、ビキニなどカテゴリー別に行われる大会がほとんどで、それぞれのカテゴリーの選手同士が交わることはありません。しかし、この大会は男女合わせて6種目が揃う珍しい大会でもあり、選手同士が友達や家族のように仲良くなるという、カテゴリーや年齢だけではなく、グアムと日本人、人種の壁まで超える絆が生まれるそうです。

佐々木 佑大(ササキ ユウダイ)

 横浜生まれ、横浜育ち。小学生から中学生までの9年間、野球部に所属。高校入学と同時に新たに柔道を始める。身体が弱く、ケガに悩まされた現役時代から、もっと深くスポーツを学びたいと思い、法政大学スポーツ健康学部に入学。
 大学では、身体のこと、スポーツのことを専門的に学びつつも、サッカー部に所属。卒業後、フィットネスクラブ勤務を経て、現在はフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動している。ボディビル競技は3年目。

【所属団体】神奈川ボディビル連盟(KBBF)

【出場大会・戦歴】
 湘南オープンボディビル大会 ボディビルの部 3位入賞

【資格】NSCA-CPT

【所属ジム】ゴールドジム横浜上星川

【体を鍛えるようになった、競技を始めたきっかけ】
  3年前、仕事のストレスから、自分の身体を壊しました。そんな折、友人からの勧めで、トレーニングを始めました。健全なる精神は、健全な身体に宿る。この言葉通り、今では全快し、大会を目指すようになりました。

【ボディビル競技を通じて知ってもらいたいこと】
 今、世の中はダイエットブームです。いろいろな情報が氾濫する中、間違った情報に踊らされ、目的と逆行してしまっている方を多くお見掛けします。ボディビル競技は筋肉量を残しつつ、脂肪だけを減らしていく、究極のダイエットです。そんな我々だからこそ、発信できることがあると思います。ボディビル競技を通じて、ダイエットに悩む方々の救いになれればいいなと思います。

佐々木選手の日本グアム親善大会への挑戦を応援しよう!!

 ボディビル競技も他のスポーツと同じく、日々のトレーニングの積み重ねです。 数か月前からトレーニングを重ね、大会当日に一番いい状態に仕上げて行きます。ボディビルのステージではその最高の状態で立ちますから、選手と観戦のお客さんとが一体になったとき最高に盛上る競技です。世界を目指しています。応援よろしくお願いいたします!

本プロジェクトの目標:2018年10月20日開催  日本グアム親善大会の優勝
応援者目標:50名   (募集期間:7月1日~7月19日) 
支援金目標金額:15万円 (募集期間:7月20日~8月31日)

応援者達成後に支援金の募集が開始されます。

募集終了しました

プロジェクトの応援参加方法はこちら
応援メッセージの送信方法はこちら

参加者/目標人数73/50名
参加率
146.0%

応援者が50名に達成するとファンディング開始いたします。

大塚 祐司

佐々木君個人は応援していますので達成に向けて頑張りましょうね!

YAMAHA

佐々木選手のチャレンジ精神、応援してます。初志貫徹!有言実行!期待してます。

こまけん

ここまで来たら頑張って優勝目指してください!応援してます‼

佐々木 由美子

子供が生まれて環境が変わり、子育てと仕事とトレーニングの両立に難しい面もありますが、彼のボディビルへの情熱は冷めません!大会に向けて毎日徹底した食事管理、トレーニングをしています。 妻として全力で応援し、サポートするので、ぜひ皆様のお力添えをお願いいたします!

佐々木選手のブログ

応援マニュアル