ソーシャルファンディングとは?

応援者が集まり始まることで確実に成功する資金調達

ソーシャルファンディング(英語: Social funding)とは、「社会的な」という意味を指すソーシャル(Social)と、資金調達(funding)を組み合わせた造語であり、ここでソーシャル(Social)とは「誰もが参加できる応援者の集まり」といった意味です。

失敗しない全く新しい支援の仕組み

従来のクラウドファンディングではる資金調達

ソーシャルファンディング(英語: Social funding)とは、「社会的な」という意味を指すソーシャル(Social)と、資金調達(funding)を組み合わせた造語であり、ここでソーシャル(Social)とは「誰もが参加できる応援者の集まり」といった意味です。

従来のクラウドファンディングでは、確実に失敗するリスクが存在します。
ソーシャルファンディングは、支援ターゲットを応援するソーシャル・コミュニティが、ファンディングが成功する人数を超えた時点でファンディングを開始するため、開始と同時に100%支援成功となります。
また、100%からスタートするファンディングですので、当然のように支援総額はそれ以上、うまくSNSなどを使えれば10倍、100倍以上の支援達成の可能性も秘めた可能性の高い支援の仕組みです。 また支援にてシステム上で応援者会員組織が完成しますので、その後の定額ファンクラブ支援などへの展開も可能となる優れものです。

ソーシャルファンディングは特許出願中です。 ご質問・ご要望などは「お問い合わせ」にお願いします。

時代はソーシャルファンディングへ

これからの時代は失敗しないソーシャルファンディングへと進化します。

クラウドファンディングでは、失敗したときの返金トラブルなど、たくさんの消費者問題がつきものでした。その原因は支援者がネット上の不特定多数の見知ら人達からの支援だから、元々、支援ターゲットとの信頼関係がないからです。
ソーシャルファンディングでは、支援ターゲットを良く知り、日頃から支援ターゲットを応援したいと思っている信頼関係が存在している関係をベースにした応援から支援へと繋がる仕組みですので、基本的に消費者トラブルは発生しにくいという前提があります。

ご質問などがありましたら下記お問い合わせにお願いします。